早漏と包茎についての関係性についてわかりやすく解説しています

包茎が早漏の原因?!関係性をわかりやすく解説

早馬さん/30代男性

包茎は早漏の原因になり得るのでしょうか?

ちょっとカントン気味の仮性包茎です。包皮がきつめで完全に勃起しても亀頭が出てこないこともあるんですが、これは早漏の原因になるのでしょうか?

2017/05/01 16:10
Answer

医者のイメージこんにちは。質問をお寄せいただきありがとうございました。
仮性包茎が早漏の原因なのかというご質問ですが、仮性包茎は早漏の間接的な原因になってしまうことがあります。
ただ仮性包茎は早漏の直接的な原因ではないので、包茎だからといって早漏であるということにはなりません。 詳しい解説は以下にまとめてみましたので、よければご覧ください。

仮性包茎が早漏の間接的な原因となってしまう場合について

仮性包茎だからといって必ずしも早漏になってしまうということはありませんが、仮性包茎が早漏の間接的な理由になってしまうケースについてご説明したいと思います。
「包茎」には大きく分けて3つのタイプがあります。
亀頭部分が全く露出することのない真性包茎
包皮がきつく亀頭が露出する際の妨げになってしまう状態である嵌頓(カントン)包茎
そして勃起している場合にのみ露茎する仮性包茎、この3つが包茎と呼ばれる状態のペニスです。
包茎の中でも世界中の男性に最も多いのが仮性包茎になり、割礼(幼いうちに包皮を切り取ること)の文化がない国の男性のほとんどが仮性包茎だと言われています。

本題ですが、カントン・仮性包茎が引き金となって起こる早漏は露出された亀頭が刺激に慣れていない場合に発生します。
包茎でない男性は普段から亀頭が露出しているので、ある程度刺激に慣れています。

しかし仮性包茎やカントン包茎の男性は、殆どの時間を亀頭が露出することなく過ごしています。 亀頭が刺激に慣れていないと、セックスの際に受ける刺激に過敏に反応してしまい、早漏の原因となってしまうことがあります。
これが仮性包茎やカントン包茎が早漏の引き金になる場合になります。

また亀頭が露出しない真性包茎ですが、こちらも早漏の原因となってしまうことがあります。 仮性包茎のように亀頭部分が刺激に敏感に反応することはありませんが、真性包茎の場合だと細菌が繁殖しやすい環境にどうしてもなってしまうので、亀頭包皮炎や性病にかかりやすくなってしまいます。こういった細菌感染が早漏の原因になってしまうことが稀ですが可能性としてあります。

自宅でできる包茎が原因の早漏改善方法について

先ほど説明した通り、包茎が間接的な原因となって起こる早漏のほとんどは亀頭が刺激に過敏に反応してしまうということです。
セックスの数をこなしていけば、亀頭部分が刺激に慣れてきて自然に改善されていくのですが、セックスはもちろん一人ではできないのでなかなか難しいですよね。
実はED治療で有名なあのバイアグラを飲むと性的な興奮をせずに勃起することが可能ですので、亀頭が過敏にならずにセックスを行うことができます。

ただバイアグラは勃起力に問題がない男性には向きません。その場合は欧米で初の早漏の医療品として認可されているプリリジーを使うことをおすすめしています。 プリリジーは亀頭から脳へ伝わる性的興奮を過剰にならずに調整する医療品です

亀頭が敏感かつ勃起に自信のない方はバイアグラを試し、勃起に問題のない方はプリリジーを服用するようにしましょう。
さてバイアグラとプリリジーですが、どちらも薬局で気軽に購入できる医薬品ではありません。
手に入れる為には医師の処方箋が必要となります。しかしながら、海外で製造された薬品を個人的に輸入することで比較的簡単に手に入れることが可能です。
(現行の法律では薬品の個人使用のための輸入はちゃんと認められています。)
バイアグラやプリリジーがなぜ早漏に効果があるのか、購入の仕方など以下のページにまとめておりますので、是非参考にしてみてください。

プリリジーのイメージ画像
欧米で開発された早漏治療薬「プリリジー」の詳細はこちらから
バイアグラのイメージ画像
早漏に効きやすいバイアグラの詳細はこちらから

カントン包茎や真性包茎の治療方法

仮性包茎のほとんどの場合は治療する必要がないのですが、カントン包茎は治療するべき場合があります。
真性包茎はペニスをより清潔に保つ為にも、治療しておくべき包茎です。
カントン包茎の場合、無理に包皮を剥いて放置してしまうと元に戻らなくなり、血液が鬱血して亀頭部分の組織が壊れてしまうことがあります。 そうなってしまいますと即手術となってしまうので、気をつけてください。

真性包茎の場合は成人してからの自力での改善はとても難しいです。包皮が癒着してしまっているので、多くの場合で自力で剥くのは困難です。 包茎を安全に確実に治療するにはやはり医療機関で診察を受けることがベストだと言えるでしょう。

早漏治療最先端のABCクリニックでは、早漏治療と合わせて包茎治療を受けることができます。 包茎治療後は元々敏感であった亀頭が露出する為、早漏の症状が出やすいとの報告があります。

早漏治療と包茎治療を合わせて行えるABCクリニックではオンラインカウンセリングを無料で行なっていますので、是非カウンセリングだけでも受けてみてはどうでしょうか。 全国に展開している医療機関ですので、地方に住む方でも治療を受けやすいのでオススメしています。

クリニックのイメージ画像
早漏治療の最先端、無料メール相談、無料カウンセリング ABCクリニックの詳細はこちらから